外国人技能実習生受入事業

実習制度とは

外国人技能実習制度とは

開発途上国等には、自国の経済発展と産業振興の担い手となる人材を育成する観点から、特に青壮年の働き手に先進国の進んだ技術・技能や知識を修得させようとするニーズがあります。このようなニーズに的確に応えるため、諸外国の青壮年労働者を一定期間日本の産業界に受け入れて産業上の技術・技能・知識を修得してもらう仕組みが、「外国人技能実習制度」です。

心がけている「4つの安心」

1、政府認定送り出し機関からの受け入れ

派遣国政府が公認した信用と実績のある送り出し機関からのみ実習生を受け入れ。身元が確かで優秀な人材を選抜することを可能としています。

2、安定した日本語レベル

実習生は入国前約3ケ月、専門の日本語学校で日本語だけでなく、日本のルール、マナー等を学習して入国。最低限日本語能力検定試験N4レベルを義務付けています。

3、万全のサポート体制

母国語が堪能で経験豊富な指導員が巡回指導及びトラブル発生時の対応を行います。また専属の弁護士、社会保険労務士が法律に関するトラブルにも対応します。

4、海外進出のサポート

海外への拠点づくり、海外企業とのタイアップ等、海外進出をお考えでしたら、ぜひご相談下さい。経験豊富な当組合のスタッフがサポート致します。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP